長崎 - 東京Jazz
d0047026_5361959.jpg



昨日の日記の続き。


羽田についたら、最近紹介したかわいい洋服ブランド、SOULSの店員
でもあるfriscoのハタヤン(key)に遭遇!彼は福岡で行われるsunset liveに
向かうところらしかった。夏場の空港や新幹線乗り場は決まってミュージシャンに
出くわす・・・。そして、皆苦手な朝だけに一様に顔色が悪いのである。

長崎では家族連れも多い暖かいイベントで、urbライブは大盛り上がりで
最後のほうは子供たちがステージに上がってきて飛び跳ねてはしゃいでた。
最後に子供を手招きしてベース弾かせたりして楽しかった。子供のパワーには
さすがにかなわない。邪気が吸い取られていくのを感じた。

長崎ちゃんぽん情報、地元では全国チェーンのリンガーハットがお勧め
という人がとても多く驚いた。都内ではリンガーハットはお世辞にもうまい店という
評価ではないだけに・・・実際現地の店に行った人の話では向こうのは味が濃厚らしい。
イベントをご一緒したかっこいいレゲエバンド、ポメラニアンズやスタッフの方と
飲み明かしつつ、皿うどんやら中華をいろいろ食って、焼酎焼酎焼酎。

翌日飛行機で羽田に戻ってから、直接東京ジャズの会場に乗りこんだ。

小沼ようすけさん(G)をはじめ、ズボンドズボン時代に現場でお世話になっていた
サンフォニックスのPAクルー、9月にライブを一緒するクリヤマコトさん(P)や
j-waveの名パーソナリティ、ルーシーケントさんなどなど、あげれば
きりがないほどの人と再会。たくさん友達にも会った。祭りだ。

来日中のピアニスト、ハンク・ジョーンズに楽屋でからまれた。
「お前、顔色悪いけどビタミンCをちゃんととっているか?」と。濡れ衣だ。
デイブコズ(sax)ラリーカールトン(G)それぞれのバンド、そしてincognitoをみて
から帰った。incognitoのブルーイ(G)のサービス精神とラブな感じがすっごいよかった。


今日は日記らしい日記を書いてみました。たまにはいいっしょ~。
写真はマネージャーがわなげの景品(?)でとったという仮面、きついっすわ~。
そういえば未確認情報ですが、ある漫画にキャラクターとして俺が登場するという
話がありました。おもしろそうなので、詳細があがったら追って書きます!
[PR]
by watarumble | 2006-09-04 05:36 | Diary
<< STRAIGHT AHEAD ... 眠れニィ!から羽田へ。 >>


ベーシスト、鈴木渉の過去ブログ。(2005.5-2008.7)
カテゴリ
Biography
Discography
Live Schedule
Diary
Column
Instruments
このblogについて
watarumble link
以前の記事
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧