バンドを辞めて一ヶ月

バンドを辞めて一ヶ月がたちました。

この一ヶ月は忙しく、おそらくそれは年末まで続く勢い・・・改めて自分と
向き合う暇もなく、ただ今やっていることに幸せを感じながら生きてます。

ライブ、リハーサル、レコーディング三昧の日々の、一つ一つが大切で
素晴らしいミュージシャンたちと思いを音に込めていける充実した毎日があって
その中には、もちろん逆境もいっぱいあるけれど、全部立ち向かって糧にしていこうと。

今いいVIBRATIONのなかにいると思う、大殺界だけど・・・

俺の周りにはたくさんの素晴らしいミュージシャンがあふれていて、
有名、無名にかかわらず、それぞれが皆信じた音を紡いで人に投げかけてる。
俺の周りにいる人たちを見ていると、日本の音楽シーンを嘆いたりする人たちが
いるのが不思議に思えてくるほどだ。皆本当に素晴らしいと思うよ。


今日は、その中でも特に今の俺に影響を与えていると感じる一人の男のことを
このブログに書こうと思う。何度か書いているから名前を知っているかも
しれないけど、 ナオト・インティライミがその人。

d0047026_2443210.jpg


彼は同い年、互いに学生だった頃にソニーからソロデビューして、辞めて
世界一周に出発、今年からまた本格的に日本で音楽活動を再開したボーカリスト。
世界一周では、アラファト議長との謁見、カストロ議長の集会にもぐりこみなど・・
たくさんのエピソードを作って帰ってきたナオトは、旅行記を出版もしてます。

d0047026_254612.jpg

幻冬舎刊 本体1500円(税別)

春に偶然FM局で3年ぶりの再会をし、その後すぐにアルバムレコーディングに呼ばれ、
その後ライブにもサポートで参加をするようになった。彼と音楽をやるようになって
本当にいろんなことを影響受けた。かつてやっていたズボンドズボンのように
エンターテインメントに傾倒したステージと、urbで感じたトータルプロ
デュースの大切さを体現しているナオトの現場。つまり、俺が
切望していたものを形にしている現場であり、何より彼の
どこまでもオープンな人間性にひかれている。



そんな彼のワンマンライブが迫っているのです!
ズボンドズボンで俺を知った人も、urbで俺を知った人も
是非遊びに来てほしい。サポートも強力な布陣で、JAMNUTSで
もご一緒しているケンボー(vo/phones)もコーラスで参加という豪華さ。
きっと最高の夜になるはず!unitで待ってるから!!というわけで告知でしたw




11月23日(木) ナオト・インティライミ @ 代官山UNIT
「世界よ踊れ」~歌って踊ってワンマン笑~

会 場: 代官山 UNIT開 場  16:30 / 開演17:00
チケット: \3000 (ドリンク代別)問い合わせ:ディスクガレージ 03-5436-6900

 チケットぴあ 0570-02-9999 (Pコード:241-228)
 ローソンチケット 0570-084-003 (Lコード:34147)
 e+(イープラス)

[PR]
by watarumble | 2006-11-11 02:38 | Diary
<< ブヨンセ 日本の秋に合う音 >>


ベーシスト、鈴木渉の過去ブログ。(2005.5-2008.7)
カテゴリ
Biography
Discography
Live Schedule
Diary
Column
Instruments
このblogについて
watarumble link
以前の記事
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧