ニューベース(Precision)
d0047026_2152597.jpg

FREEDOM CUSTOM GUITAR Precision Bass(Semi Ordered)

マーヴィン・ゲイのジェイムス・ジェマーソンも、ダニー・ハサウェイの
ウィリー・ウィークスも、ディアンジェロのピノ・パラディーノも弾いてきた・・・
まさに新旧ソウルミュージック代表株の、屋台骨を支えてきたともいえるのが
この仕様のプレシジョン。軽量のアルダー材に、ローズ指板&63年式細身のネック。
色はチャコールフロスト。若干緑がかった黒で薄い塗装も相まって、かなり渋目の外観。





以下、最近はやりの楽器うんちくです。(気をつけて)

---------------------------------------------------------


・・・エレキベースの始祖的存在のプレシジョンベース(以下PB)。非常にシンプルな
構造から生まれるモコモコして暴れるサウンドは、クラシックでありオーソドックス
なだけに定番化している。つまり価値基準が既に固まっている楽器だといえる。

まず今までPBを使ったことのない自分には、良し悪しの判断のしどころが難しかった。
最初にPBが欲しくなるきっかけになったFender Cusom Shop製のPino
Palladino ModelがPB選びの基準になった。 「カスタムショップが
ここまでやるとは・・・」と、それぞれ3つの楽器店で店員さんが
同じ言葉で評していたのが印象的だったが、実際によく
できた楽器で、西海岸の風のようなカラッとした
鳴りと、甘いトーンの粘りの虜になった。

d0047026_23522421.gif


超いいけれど、これは買う気にはほとんどならなかった。ピノは大好きな
ベーシストなだけに、俺がコレを持ってしまうのは安い物真似みたいになる。
もし買ったとしても、ピノの存在が自分にとって踏み絵になりそうだからやめた。

皮肉にもその後、ピノモデル以上に好印象のPBとは巡りあえなかった。
正確に言えば、様々なプレベを弾いてわかったことは、自分が求めているPBの
サウンドとニュアンスはゴリゴリ感よりも、アルダー材からくるトーンの甘さとローの粘り。
それはピノ同様60年代PBになるわけで・・・条件を満たすのは150万のVintage Fender?
・・・Never!! ファックなヴィンテージ市場に付き合ってられるかバカヤロコノヤロ!
そんなわけで、結局ピノモデルが予算的にも条件を満たす唯一のPBになってしまった。


それからはもう、テンション激下がりですよ。
ピノモデルだけは欲しくないのに、結局一番いいんだもん・・・


PBは今は買うべきじゃないのかな、、なんて思い始めた矢先、
突然巡りあったのがこの国産コンポーネントブランドFreedomのPB。
ネットで見つけて早速お店へ。俺がPBを探し始めた夏頃にも対応してくれた
店員さんがいた。数本試してみて、最も見た目の地味なこのベースの音に惚れた。
暴れすぎない甘いトーンとプレイアビリティの高さは、まさにピノモデルを髣髴とさせる。
また、国産らしい丁寧な仕上げも好感度が高く、次の日誕生日を迎えついでにゲットした。




d0047026_1521521.gif


d0047026_1523413.jpg



職人技を感じる非常に丁寧な仕上げのFreedomは、東京下町の小さな工房で
作られているとのこと。生産本数は少なく、堅実な仕事が評判らしい。
家で保証書を見ると「100年間保障致します」の文字が・・w
突然そんなこと言われてもびっくりするけど、
この真面目な気質もうれしい。



今までで買ったベースの中で一番見た目が渋い。
出音は今後の俺次第。PBは生の音がそのまま出力される
ような楽器なので、たくさん愛して弾きこんでいくつもりでございます
やっぱ見た目よりも中身で勝負でしょ!!



この子の名付け親募集中!!(里親じゃないよ!)
[PR]
by watarumble | 2007-02-25 02:54 | Instruments
<< 専門学校にて発見 中身で勝負その1 >>


ベーシスト、鈴木渉の過去ブログ。(2005.5-2008.7)
カテゴリ
Biography
Discography
Live Schedule
Diary
Column
Instruments
このblogについて
watarumble link
以前の記事
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧