Soul Bar
d0047026_541798.jpg


地元のソウルバーに久し振りに顔を出してみた。

新興住宅地に構える店にもたくさんの筋金入りの好きモノが集い
気付けばもう3周年を迎える店のバーテンは、相変わらず美人。客も含め
リリースまじかのJAMNUTSの盤にはかなり好反応。つーかそりゃそうだろ!w


若い客が多い日は90's Club Anthem。夜更けには70's Soul Classic。
Black Musicは総体的にシーンの動向がどうあれ、一貫したテイストとアティテュード
があるから、USミュージックシーンの流行と動向に憧れの強い日本のソウルバーは
特にラブ。そこには気負いもてらいもなく、Black Musicを謳歌している。マジで
いい意味でアメリカの田舎みたい。そこにどんだけ音楽をファッションで
楽しんでいるヤツがいたとしても文句はない。結局皆が音から
エナジーもらって楽しんでる、同士達で。最高ですわー
[PR]
by watarumble | 2007-07-21 05:04 | Diary
<< 香港映画スター並みのスマイル 弦と、遠い昔の思い出 >>


ベーシスト、鈴木渉の過去ブログ。(2005.5-2008.7)
カテゴリ
Biography
Discography
Live Schedule
Diary
Column
Instruments
このblogについて
watarumble link
以前の記事
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧