ヒドい夢


周囲でお世話になっている人間が続けざまに不幸に遭う。
仕事関係やら、肉親やら、友人やら・・・落ち込んでいるところを、
親身になってくれた警察官にやりきれない思いを吐露し、慰められた。
しかしその矢先、突然その警察官に「許してくれ」といわれ、手錠を掛けられる。
空前の殺人犯に仕立て上げられ、マスコミの報道は一気に加熱し、世論は
弁解の余地をも与えられないままに俺を矢面に立たせ非難した。
誰かにはめられた事よりも、周囲の人間の不幸の
ショックが大きすぎて、我を失う自分・・・


そんな最低な悪夢を見た。
睡眠時間の割りに全然疲れが抜けない・・・
起きたらスゲー顔むくんでるし。きっと泣いたんだと思う。
人が死ぬ夢とかまじ最悪だな。良い暗示だ、なんていわれるけど。


絶対起こって欲しくないから書いた
あんまりハッピーじゃない記事でごめんー!



うぎゃーーーーー
[PR]
by watarumble | 2007-10-23 15:14 | Diary
<< 俺の世代の在り方(熱すぎ) 渉モデルの進行状況 vol.2 >>


ベーシスト、鈴木渉の過去ブログ。(2005.5-2008.7)
カテゴリ
Biography
Discography
Live Schedule
Diary
Column
Instruments
このblogについて
watarumble link
以前の記事
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧