何のために戦うのかっつー話



d0047026_2524674.jpg




10年ほど前、アメリカでルームメイトだったアーミーの男が言った。


「自分の国が軍隊を持っている限り、戦争の危険は常に隣り合わせであり、万が一には
危険は家族に及ぶ。家族を守るために軍に入るのも、国民としての責任のとり方だ」


まじで人とか殺すつもりなの?と聞いた俺に、真剣に向き合ってくれた際の言葉。


俺はよほどのことがないかぎり、最近は人に憎しみも怒りを覚えなくなった。
トラブルにさらされても、自分が悲しくなったり、虚しくなったりする草食動物気質。
軍の訓練で日々満身創痍で部屋に戻ってきていた彼も、俺と同じタイプの人間だった。

武器は自分のためでなく、愛する仲間を守るために振るうのだ、と。そのために見知らぬ
誰かが傷つく覚悟も持たなければならない。この価値観は、平和憲法を持つ
国の人間にはわからないし、わからないのが本来の姿だと言った。
彼は人格者であり、学内でも評判のナイスガイだった。




・・・時は流れて資本主義社会という枠組みでは避けられない、ある種の
生存競争にさらされる日々、この時の言葉の意味を再考するようになった。

生存とは戦いかも、という話。

きつい時に救ってくれる仲間がいる。実際は、それぞれがみんな抱えている問題と
懸命に戦っている最中なわけです。なのに俺が怪我をしてうずくまっていたら
共同戦線を張ることができない。そんな折でも手を差し伸べてくれる
仲間は、その足踏みのせいで敵にやられる危険だって増える。
それでもしやられたりしたら、ダブルパンチじゃん。


俺が守ってやろう。周りの奴らを救える存在にならなきゃ。

そのために立ち上がって、戦い抜きたい。その道程の先で、第三者を
傷つけないようにとかケアできるほどに器用じゃない。(何かの台詞みたいだな)
俺が競争を放棄しない理由があるとすれば、きっとその一点になると思う。大義名分
なんかよりよっぽどリアルで、説得力のある理由、今の自分には性に合う。



今日も友人に、頭が上がらないくらい色々と世話になりました

それで思わず・・・暑苦しい日記で、すみません・・・・
[PR]
by watarumble | 2008-03-19 02:32 | Diary
<< モバイルシマクリスティック lllliiiiveeeee ... >>


ベーシスト、鈴木渉の過去ブログ。(2005.5-2008.7)
カテゴリ
Biography
Discography
Live Schedule
Diary
Column
Instruments
このblogについて
watarumble link
以前の記事
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧