LIMP BIZKITにWes Borland復活!!


この人の話をすると長くなる。
LIMP BIZKITのギタリスト、ウェス・ボーランド。
俺のしている仕事からすると、こういうジャンルは意外でしょうが・・・

誰しもみんな憧れの人だったり、アイドルだったりっていうのがいると
思うんだけど、この人はまさに学生時代俺のアイドルだった!アメリカで
彼のステージを見て以来、彼の出てる雑誌やら映像を探しまくって集めまくった。

だってこの写真でわかるでしょ、まじすげーインパクトだもんコレ(笑)

d0047026_720281.jpg


LIMPは90年代後半に流行ったストリート系へヴィロックバンドの代表格的存在。
キャップ・腰パン・スニーカーのラフな格好のメンバーに混ざって、何故か一人だけ異様な
特殊メイクと衣装・・・ウサギの置物をもってステージに登場し、それをアンプの上
に置くと、あとは人間とは思えないほどのアクロバティックなステージング
で歓声を集める、バンドの名物ギタリストだった。久々に華がある
エポック・メーキングなロックギタリストが登場したと、思った。
音楽面でも、7弦ギターでアップストロークを多用する
奏法は一時期多くのフォロワーを生んだ。


彼が一度バンドを離れたあと、LIMP BIZKITは賛否両論のアルバムを
リリース。ジャケのアートワークを手掛けたりもしていたウェスは、やはり
音楽面以外でも特異なスパイスがあって、それを失ったフレッド(vo)は
迷走。当時はMTVで「いつでも戻ってきてほしい」なんて言い放つ始末・・・

そんなウェスがLIMPに戻ったという噂を聞いた。確か昨年あたり、渋谷の
センター街で若いカップルがそんな話をしているのを小耳に挟んだ(マジ)
新しいアルバムはなんのプロモーションもなされず、今月頭にひっそりと
リリースされたという。それはさっきネットで知ったところなんですが・・・。


俺としては超うれしいわけ!!ひさびさにロックのアルバム買っちゃうぜ!

それにしても地味な形態のリリースだよなぁ、たぶんあまり売れないはず。
以前の同時多発テロの時に、アメリカのアーティストが集まってマーヴィン
ゲイの『What’s going on』出したじゃん。それにLIMPのフレッド(vo)が
参加したことにウェスは頭がきてバンドを辞めたという過去があるらしく、
今回ウェス復帰の条件はLIMPの『コマーシャリズムからの脱却』にある
のでは・・・と勘繰ってしまう訳です。

事実今回リリースされた『THE UNQUESTIONABLE TRUTH PART 1』
の作風も今までと打って変わって全然ポップじゃないらしいです。ジャケット
もなんかヤバイし。

d0047026_7285454.jpg
            あちゃーやっちまいました。骸骨だらけ


フレッドは所属レコード会社の副社長も兼任していて、メディアを使い
一時はセレブ芸能人扱いされるほどのガキのカリスマだったわけです。
その彼がこのような形で新作リリースに踏み切るってのはよほどの覚悟が
いるはずなんだよね。密約があったと思う。内省的な作風は、彼を
バンドに呼び戻すための苦肉の作であったのではないかと。

エゴが衝突している最中のバンドは、その内情とは相反してサウンドが
スリリングで面白かったりするが、一度スタミナが切れると、ねじれた形で
妥協にまみれたような気負いを強いるアルバムをリリースしたりする。俺にも
経験があるけれど・・・これがまさにそう。勢いはあるけれど、悩みを内包しこねくり
まわしたようなアンサンブルはムッツリ感丸出しで、あのころの破竹の勢いはなかったり。

それを逆手に取ったつもりか、特典映像内でバンドの内情、ドラッグにおぼれる
メンバーを揶揄するシーンなどを赤裸々に公表。策略は伝わる。自分たちが看板命の
ポップスターでなく、リアルな姿で真摯に自分たちがバンドに再起をかける様子を焼き付けたいと。
しかしぞっとするほどエゴイスティックで不自然な映像だ。客はこんなものを求めていない。
ツアーもできないことで、ファンをつなぎとめるために、テンパってしまったフレッドの
焦りを感じる。本人自身もこの先のビジョンが見えていないんだろうな。


まぁどちらにせよ、ウェスのいるLIMPがまた聴けるのはうれしー!


-----------------------


※記事発表からかなり日はたつけれど、またウェスは
離れてLIMPは空中分解状態らしいですね。さみしいんですけど・・・

-----------------------

ウェスの検索ワードでここに来る人がとても増えている。
2008年春に復活公演をやっているX Japanのゲストギタリスト
として出演しているらしい。両バンドのファンとしては複雑かもしれないが
シーンの中では健全な動きであると思う。

ウェスは昨年あたりにも土屋アンナちゃんのRECにも
参加したと聞く。この調子だと仕事で会えるかもしれないぞ・・・
[PR]
by watarumble | 2005-05-31 07:22 | Diary
<< 衝動買い 寝て曜日 >>


ベーシスト、鈴木渉の過去ブログ。(2005.5-2008.7)
カテゴリ
Biography
Discography
Live Schedule
Diary
Column
Instruments
このblogについて
watarumble link
以前の記事
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧