<   2007年 01月 ( 7 )   > この月の画像一覧

渋谷にて.
d0047026_483524.jpg


渋谷BOXXにてナオト・インティライミのライブでした。
今日も最後には会場全部が一体になっていた。やっぱり
エンターテインメントに特化したステージをやるのは、とても楽しい。

空き時間には数店舗にベースを見てまわった。俺の目に叶う楽器は東京には
もしかしてないんじゃないか?と思うくらいもう見尽くした・・・今は時期が違うのか??

写真は楽屋でのオフショット。ナオトとワタルの茶番を見守る修一(Dr)
[PR]
by watarumble | 2007-01-31 04:08 | Diary

フェンダーってなんなんだ!!
d0047026_1503987.jpg




前回に引き続きベース関連の話題です。

ここのところフェンダーのベースが欲しくて、いろんな店をまわっている。
最もポピュラーかつ最も歴史のある、頂点のブランドのベースだがいままで
所有したことがなかった。しかしフェンダーにしか出せないトーンというのがあって
過去に多くの名演・名曲を生んだその音色は、最も人々の耳になじんでいる
ザ・エレキベースの音なわけ。もちろん自分にとってもそうなわけです。

この写真は、こないだ楽器屋でみつけた70年のフェンダー・プレシジョン。
エレキベースの開祖でもあり、今なお多くのシーンで使われているベースです。
状態がよかったからちょっと興味もって値段を聞いてみたら、50万だってさ…
俺が高校生の頃なら、まだ10万台でも手に入った70年代製のプレベが。

オールドフェンダーの高騰は留まることを知らず、状態のいい60年代以前のモデル
ともなると、ここ数年の間で100万を超えるものも多く占めるようにもなってきている。
d0047026_4401335.jpg

・・・この価格の高騰は、日本人が引き起こしていると言われているらしい。
日本人バイヤーによる、フェンダーの世界中での買い付けと値段のつり上げが
加速し、もう市場で良い状態のものは品薄になっているとも言われる。「今のうちに
買っておかないと、もう買えなくなってしまうかもしれない・・・」というのはすでに
ショップ店員の常套句であり、実際問題それも否めない側面はある。

すでにここまで価格が高騰してきている現在において、オールドフェンダーに
投資をする意義というのはどのくらいあるのだろうか?・・・・うーん。。。


d0047026_2504249.jpg


もちろんビンテージには語りつくせない魅力があると思う。しかし消耗品の
パーツも代替せず、発売当時のままであるほど値打ちが高い・・・という市場の
傾向は、もはや楽器ではなくて骨董品と同様の扱いに近い気がする。気持ちは
わかるけど、これってなんかちょっとシュールな気もするのですが。やっぱり
所詮楽器なんだから弾いてなんぼだと思っているし、弾かれて本望のはず。

メンテナンスが大変、かつ高騰を続けているビンテージは、今後どうなっていく
のだろう。手に入れて使いまわす事を考えれば、現行品のカスタムショップの
方が明らかに使い勝手自体は良いわけですし、悩むところです

誰か使ってないフェンダーを眠らせてる人いないかなぁ・・・。
ともあれ、オールドフェンダーを巡るこの状況、皆さんはどう思われますか?
[PR]
by watarumble | 2007-01-28 01:50 | Instruments

ベーシストの密かな流行?
d0047026_0274874.jpg


流行というか、最近目にする機会が多くなった、クリップタイプのチューナー。
楽器に挟むだけで振動を検出して音合わせ。ケーブルをプラグインしないままで
使えることから取り回しもよく、なおかつストンプボックスタイプのチューナーを
経由する際に考えられる音質のロスなどのストレスは無縁。

「ベースからアンプまではケーブル一本!」というベーシストが好きな美学(?)
を実現する上でとても有用なアイテム。実際に、このタイプのチューナーを利用して
いるベーシストを最近よく見かける。というわけで買いました。安いし便利です。

d0047026_0553336.jpg

ARION UM-90S 3000円くらい
 

こういう細かいのって、ウッカリなくしたりしちゃうから大事にしないと・・・
[PR]
by watarumble | 2007-01-24 00:27 | Diary

ヒルズ52階のラウンジで
d0047026_15572623.jpg

ライブをやりにきてるよ

俺の育った港区の上空からの眺め
こういう街並みをみてほっとするサイコな現代っ子です
[PR]
by watarumble | 2007-01-20 15:57 | Diary

浅草で歌舞伎
d0047026_1842259.jpg

歌舞伎見にきましたデース

江戸の街並みや大衆芸能スゴいデース

出店で買った人形焼きも団子もデリシャスデース



日本人なのに俺日本固有の文化にあまり触れてきていない。
それって勿体無いことだったなーと思った1日でしたー


d0047026_23584335.jpg


新春浅草歌舞伎  平成19年1月2日(火)~26日(金)
『義経千本桜』   第1部 午前11時~   第2部 午後3時~ 
中村獅童 中村七之助 中村勘太郎 中村亀鶴 片岡愛之助 市川男女蔵
[PR]
by watarumble | 2007-01-15 18:04 | Diary

ハンバーガー[HUMBURGER]




どどどどどっかーーん


d0047026_1101096.jpg



おいしいハンバーガーが食べたーい!!


・・・ふと思ってネットで調べていると、都内ならば大まかに各駅で
一店くらいは個人経営のハンバーガーショップがあることがわかった。
・・・ラーメンとか、パスタとか、カフェとか、バーの類を巡るのもいいけれど
そのあたりってすでに一般的にやり尽されている気がして、新鮮味を感じない。
というのもあって、「おいしいハンバーガーの食べ歩き」を昨年末から友人とはじめた。

アメリカ留学中にでかくて油っこいハンバーガーを散々目の当たりにした身としては
ハンバーガーって、所詮ボリューム勝負の大味なファーストフードなのでは?
という先入観を抱えていたけれど、その思いはおいしい店を巡るうちに
完全に覆され、ジャンルとして案外奥が深いということを知った。

d0047026_3264793.jpg


口に入らないくらいの大きさのハンバーガーを、ぎゅーーーーっと縦に潰してからほおばる。
どんなにたくさん中身が詰まっていても、バランス良く組まれたハンバーガーなら中身が
外にはみ出てこない。味や食感は勿論、マクドナルドなどのチェーン展開されていて
一般的になじみのある「ハンバーガー」にはない、素材に対するリスペクトとか
愛とかを感じることができるハンバーガーです。やっぱ比べると高いけど
これが本来ハンバーガーのあるべき姿なのでは、と思えてくる感じ。

ちなみに上に載せた恐るべきハンバーガーは、人形町の『BROZERS』
まだ行ったことはないけど都内一のクオリティと呼び声も高い、気になるお店・・・



今日も、仕事の空き時間中に、タマと最近できたばかりの渋谷のハンバーガーショップ
『PAKUTCH』に行ってきた。ここは友達が店内でかかる音楽を監修していて
ディスコクラシックスやパーティチューンが常にノリノリで流れているお店。
すげーおいしいし、駅からすぐだし、今年は結構通っちゃうかもなー

d0047026_1213454.jpg

d0047026_1215321.jpg



みんなのオススメのハンバーガー屋さんとかあったら、教えてー!
[PR]
by watarumble | 2007-01-12 01:58 | Diary

鉄コン筋クリート


新年初、更新です。

2007年。てことは、俺も今年で27歳か・・・


すでに仕事始めも終え、ライブも数本こなし普段の生活に戻っています。
年末年始は例年になくゆっくり過ごしましたが、面白いこともいろいろありました。
その中で最近自分の中でブームなのが、映画の、、、『鉄コン筋クリート』



d0047026_1423347.jpg



原作を描いている松本大洋氏の作品が好きで、全て穴が開くほど読んでいる。
彼の作品のファンは多いのでここであえて説明するのも野暮かもしれないけれど
一時代前でいうと『AKIRA』で有名な大友克洋のように、その時の時代観を
作品に強く投影させた風刺的なメッセージを、オリジナリティあふれる
感性と軽快なタッチで描いている少年のようなおじさん。



d0047026_2134934.jpg




『鉄コン筋クリート』は、彼の作品の中でも特にポップで派手な演出が施された
魅力的な作風で人気も高く、今回の映画化を待ち焦がれた人は多いはずだ。

原作のテーマが多岐に渡り、想像を多方面に喚起させる作風なだけに映画という
フォーマットの中でその魅力をパックしきれるのか・・・という作品を愛するが故の
エゴイスティックな不安もあったが、そういった不安はまったくの杞憂に終わった。

むしろ正確に言えば、原作の魅力を奥底から引きずり出すような映画の求心力に
終盤ずっと涙が止まらなかった。少なくとも、アニメ映画界の王者となった憂いからか
哲学的な描写に逃げ込んでいるようにも映る最近の宮崎駿作品などに比べると、
雲泥の差で情感が伝わってくる。時代の流れを傍観しているだけではなく今を
懸命に生きるスタッフ陣の努力が伺える、暖かい作品に仕上がっていると思う。



d0047026_21473.jpg



急速に変化していく町並みの中で、狂気と純粋さの間を揺れる
傷ついた少年同士の絆と、周りの大人たち。原作は10年以上前の
作品ということもあり、今語る物語にしては主題がかすんでしまっている部分が
多少あるけれど、まだ見ていない人、気になってた人には是非見てもらいたいなと思う。
感覚的に、僕らの世代のミュージシャンとかはみんな好きそうだな・・・

原作の漫画は数年前SOIL&"PIMP"SESSIONSの元晴(Sax)に貸したら返って
こなくなり、去年家に遊びに行ったら、トイレの棚に発見。「渉、これうちのバイブルなの・・・」
と照れた表情でかわいく言われたので、漫画はそのまま置いてきた。 元さんも見たかなぁ?

俺もまだ上映中の間にあと5回くらい見たい・・・てか見る!!
Tシャツとかグッズとかもこの際、全種類欲しいよんw


http://www.tekkon.net/index.html
[PR]
by watarumble | 2007-01-10 02:49 | Diary


ベーシスト、鈴木渉の過去ブログ。(2005.5-2008.7)
カテゴリ
Biography
Discography
Live Schedule
Diary
Column
Instruments
このblogについて
watarumble link
以前の記事
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧