<   2007年 03月 ( 11 )   > この月の画像一覧

フレットレス!



d0047026_2341039.jpg



ライブが終わって挨拶をすませそそくさと家に帰ると、玄関先に「プチプチ」を
何重にもくるまれたハードケースが鎮座していた。ついにきたー!ドキドキしながら
包装を解き、ケースの中を開けました。するとそこには案の定というか、楽器の形をした
とても大きなチョコレートが・・・!大きいだけあって、芳醇なカカオの香りでむせかえるようで


ってバカ!!


あ・・・、バカは俺か!(今気付いた)




CREWS MANIAC SOUND [ JACKSON 5 SP/JH]
d0047026_23435121.jpg



ひととおりチェックも終わり、クオリティに問題はなく一安心。
買ったのは国産コンポーネントの老舗、CREWSのフレットレスでした。
品薄の楽器なので、希望のモデルを探した結果、札幌から取り寄せました。
木目は渋いものの、ゴールドパーツと塗装の黒光りが結構ケバい



・これを選ぶまでの経緯(以下、楽器ウンチクです・・・)

華やかな海外製のベースなどにみられる、先進的なデザインやシステムなどとは
対照的な地味な風貌の裏には、ミュージシャン・ユースをトップ・プライオリティに置いた
かのような、質実剛健的な使い勝手のよさと、国産コンポーネントだから叶う価格設定・・・
CREWSはこういった国産コンポーネントのメリットを体現する代表的ブランドであり
様々なミュージシャンの要求にもすぐに応えてきた歴史がある。それゆえに
CREWSに信頼を置いているミュージシャンは枚挙に暇がない。

正直、CREWSは「食わず嫌い」とまではいかないが、いままで興味がいかなかった。
その理由の一つ目は、比較的職人気質のミュージシャンの使用が多く、CREWSに対して
無難な印象をもっていたこと。Fender的荒さや味もなければ、ハイエンドクラスの
楽器のもつような華も感じない、「いい子っぽい」印象を一方的に持っていた。

またエンドースメント契約で、表舞台に立つミュージシャンに
売名目的で楽器をただで貸し出ししているブランドが数多くあるが
中には、一般販売用と、エンドースで渡す楽器のクオリティにかなり差が
ある有名ブランドも多いという話も方々から聞く。話が少しそれたが、CREWSも
僕の周囲で、とにかく多くのミュージシャンに使用されているため、そういった
疑念を持ってしまってもおかしくない。それが理由の二つ目だった。
(※その後、CREWSでは、客と店との信頼関係のそのまま延長で
ミュージシャンもほぼ例外なく楽器を店から購入していると知るわけですが)


d0047026_1243030.jpg


フレットレスは、実はこれまで一本も所有したことがなかった。
先月買ったプレベが、今まで使ったことのないタイプの楽器によって
自身を開拓する良いきっかけになったのもあり、ちょうど「フレットレスありますか?」
という仕事のオファーもきていたのに乗じて、これはいい機会かも?と照準を合わせていた。

フレットレスは、今後よっぽどのことでもない限りはメインベースに
なるわけでもないだろうし、まずは表現の選択肢としての取り回しの良い
一本が欲しい、という購入の条件面でCREWSの人気モデル『JACKSON 5』は
とても僕のオーダーにかなった楽器だった。アコースティックな演奏感や温かみのある
トーンを持ち合わせながら、アンサンブル負けしないレンジとパワーも持っている。
これらプレイヤーユースの元での設計であることが容易にわかるほど
使い勝手が良い。臨機応変に現場対応に即すことのできる
楽器作りは、とてもCREWSらしく好感が持てる。

このモデルを含むCREWSの楽器を何本か愛用している友人のベーシストの
的確なアドバイスのもと(織人マジありがとー)、フレットレス初心者の
僕はJACKSON5ではじめることにしました。あーもーしばらく
楽器はいらない!一月立たずに2本目を買うなんて・・・
でも出したいサウンドは増えてイメージも膨らむ。


あと残るはハートと、スキルの問題だな・・・・(汗)




この楽器の名付け親募集!!!里親募集じゃないよ!!!(3回目)
[PR]
by watarumble | 2007-03-28 23:25 | Instruments

ソワソワ
d0047026_13544525.jpg

新しい現場で必要に迫られる様な形で、また楽器を購入した。
先月に引き続き二本目だが、これも先行投資(と言い聞かせている・・・)。


現物を手にとって確認などをしないままに購入をしたのは、今回が初めてのこと。
楽器は同じ木材、パーツを使ったものであっても一本一本印象が異なることが
頻繁にあるので、カタログ・ショッピングのリスクが高いため勇気がいった。

急ぎの用向きであること、そして欲しい楽器の在庫が現在東京近郊にはなく
また個体差が比較的少ないモデルであることから、ネットを介した地方
楽器店での購入に踏み切った。北海道から昨夜送り出されたとの
ことで、明日あたりには到着とのこと・・・すげーソワソワする

写真は何枚も送ってもらって確認してはいるんだけど
もしベースの形をした違うものだったらどうしよう・・・

もしチョコレートとかだったらどうしよう・・・

って、んなわけねーかー

ソワソワ
[PR]
by watarumble | 2007-03-27 14:09 | Diary

背中っす
d0047026_313681.jpg


明日か。あ、明けてるから今夜か・・・。

O-West楽しみでやんす。詳細は一つ前の記事にて。


音楽を人前で魅せる生活のその内側で、様々なドラマに出くわしてきた。
デビュー、解散、ドロップアウト。日々直面する様々な節目ごとにまた大きく
成長するアーティストの背中もたくさん見てきた。足止めを食らっても前進する
しかない!全ては、ステージ上で自らがより輝くための通過点でしかないわけで。

個々、抱えきれないほどの思いを背負ってステージに上るアーティスト達の
背中というのは言葉よりも饒舌であり、それを目の当たりにしながら
演奏できる、サポートミュージシャンという立ち居地は贅沢だ。
今夜は、出演者のどんな背中と出会えるのだろうか?


乞うご期待!!
[PR]
by watarumble | 2007-03-23 03:13 | Diary

ズボンドズボンの

d0047026_2129100.jpg


僕が2002年から2005年までの間に在籍した、ズボンドズボンというバンドの
ギタリストである真哉と、今週、約2年ぶりに同じステージにあがることになった。

それでここのところよくリハーサルで会うんだけど、お互いなんか照れる・・・
向こうが大学の先輩だったこともあり付き合いは長いけれど、こういう形でまた
一緒に出来てうれしい・・・ちなみにその現場はコレです↓


3月23日(金) ナオト・インティライミ
主催イベント @ 渋谷O-WEST



このイベントでは、ナオトのサポートはもちろん、オオゼキタク清貴
竹本健一(from PHONES
といった、以前から関わりの多かった友人の
アーティスト達もイベントでフィーチャーすることもあり、個人的には同窓会的な気分
そしてしかもステージのサイドに、真哉がいるわけでしょ?楽しみすぎるwww



-----------------------------------------------

3月23日(金)イベント詳細

「SHIBUYA・INTI RAYMI」 @ Shibuya O-WEST

【出演】 ナオト・インティライミ (歌他)
・御徒町 凧(詩の朗読)
・BEATSICK.JP(Human Beat Box)
・ワンワンニャンニャン(お笑い・松竹芸能)
・オオゼキ タク(歌)
・竹本 健一 from PHONES (歌)
・球舞(CUBE)(トリッキーなリフティングパフォーマンス集団)
・SHOTA(AFROISM)&フィッシュ・ボーイ(ダンサー)
・TOOWAⅡ(映像・VJ)
・清貴(歌)

【開場】 18:00 【開演】 18:30 【料金】 全立見 2500円(税込)+ドリンク代500円

 チケット販売 :チケットぴあ 0570-02-9999 (Pコード:247-475)
          ローソンチケット 0570-084-003 (Lコード:32393)
 
 問い合わせ:DISK GARAGE 03-5436-9600(平日12:00-19:00) 


--------------------------------------------------------


当日は、主催であるナオト・インティライミが彼のバックバンドとともに
全アーティストに絡んでいくという・・・かなりこっちとしては大変な
エンターテイメント色の強い、豪華なショーケースになると思います・・・



写真はズボンドズボン在籍時のポストカードより
真哉くんとワタル・チンピライミ
[PR]
by watarumble | 2007-03-19 02:12 | Diary

100万部突破
今朝の朝刊・一面記事で発見


d0047026_972476.jpg


90万人賛同、10万人激怒だって
真偽はともかく、9割という部分にこだわるキャッチコピーが秀逸
[PR]
by watarumble | 2007-03-17 09:07 | Diary

エガちゃんとツインテール




d0047026_18291293.jpg



ツインテールはちなみにウルトラマンの怪獣です。
[PR]
by watarumble | 2007-03-15 18:40 | Diary

リハーサルと仲間達と心強さと


昼間に、16日目黒BluesAlley・小沼ようすけのリハーサル。

メンバーは天倉正敬(Dr)類家心平(Tp)とか。マサもルイケも小沼さんも
素晴らしいミュージシャンだと思った。ルイケマンと小沼アニキは久し振りだから
ほんとうれしい。みんな大好きだし本番楽しみ。これに「ブキョブキョの(小沼談)」
外国人のサックスプレイヤーが参加するらしいです。話によるとブキョブキョらしい。

ブキョブキョ??

d0047026_1265912.jpg



・・・夜は、17日池袋ROSA ・ゼンラ・アーケストラのリハーサル。

ゼンラのメンバーは総勢20-30人でしょうか。(全裸にはなりません)
ツインドラム、パーカッション、ツインギター、ベース、あとは全て管楽器の
バカファンクプロジェクト。簡単に言うとフェラクティ的な。リハ、本番ともみんな
楽しんでやってて、すごくいい刺激をもらってます。完全にお祭りバンド。今回初めて
ご一緒するサケロックの大地くん(Dr)最高っす!本番も楽しみ。

というわけでゼンラの一部の皆様と集合写真。(全裸にはなりません)

d0047026_1134666.jpg

[PR]
by watarumble | 2007-03-13 01:27 | Diary

Jaguar?(Review追記)


d0047026_2291128.jpg

こないだふらっと見に行ったJANITAって女性シンガーのライブで
ベースの白人の兄ちゃんが凄くおもしろそうな楽器を使ってた。コレ↓


d0047026_226172.jpg


Fender Jaguar Bassだそうですw
ジャガーというギターは馴染みがあるけど、ベースもあった
なんて・・・色物っぽいようでいて、どこか正統派なような、複雑な
印象。怪しい。ともあれ、たくさんついているスイッチとかは一体どうなって
いるのか気になって調べてみたら、ピックアップのシリーズ・パラレルやアクティヴ
ON/OFFがついていて、実用性の高そうなコントロール類だった。コレ↓


d0047026_2355772.jpg



コレを弾いていたNicholas D'Amatoはとてもいいプレイヤーで
ジャガーの出音自体もふくよかなFenderらしさがあって良かった。

ちょっとジャガーベースかわいいかも・・・


-------------------------------------------------



で、さっき渋谷の某楽器店で弾いてみた!

この値段帯(10万以下)だからか、商品のメンテナンスも対応も甘い。
試奏した2本ともネックが反っていたし、片方は電池切れ。アンプもイカレ気味。
しかも試奏するとなりで、オヤジがずっと爆音でベンチャーズを弾いていて参った。
このあたりの対応も含めた楽器の値段、ということなのだろうか・・・ちょっと悲しいっす。

ともあれ楽器自体は割と使える印象。Fender Japanらしく造りは
真面目な感じ。鮮やかな赤のカラーも相まって華やかなオーラがあった。
アクティヴ回路が意外にしっかりしていて、FenderのJazzBass特有の元気さが
出ていて良い。シリーズ・パラレルの変化も効果的に使えそう。たくさんあるスイッチ類は
無理やり感があって、使う上でもうちょいユーザーフレンドリーになればいいなぁと思いつつ・・・
ノイズ対策でシールディングし、パッシヴ時のキャラがより明確になる改良を加えれば
即戦力に化けるかも・・・先日のライブで弾いていたニコラスも、日本に
滞在中にJaguarBassを発見し、面白がって購入したらしい。
それをブルーノート系のハコですぐ試して客を納得させ
ちゃうところがすごい。というか俺が釣られただけ?

下手にパワーがあったり、ハイエンドで上品な楽器よりも気負いがない性格のベース
トーンのバリエーションも豊富(幾分、足し算的ではあるが)なことを考えると、
J-POPシーンなどではこれ一本で何かと重宝する楽器かもしれない。

しかも、衝動買い価格! ホ、ホスィ・・・

d0047026_0415168.jpg


なんかベースマガジンの記事書いてる気分です
(上の画像と、僕の行った楽器店とは関係ありません。)
[PR]
by watarumble | 2007-03-11 03:12 | Instruments

独り言(追記)
d0047026_159137.jpg


昔聞いた話で、英語には「なつかしい」を表す言葉がないから、
英語圏には「なつかしい」という感情がないと文化人類学の
授業かなんかで習った気がするんだけど、

「ノスタルジック」とかまさにそれじゃねぇ…?
って今電車の中でホームタウンの話をしている
外国人達を見ててふと思った。

どーなの?

あー鼻水が出てきた…



----------------------------------------------------------

帰ってきて調べてみた。諸説あるようですがとりあえず・・・

          ↓
nostalgic nos・tal・gic /nstldk|ns‐/
和訳 : 懐郷[懐旧]の[にふける].‐gi・cal・ly /‐kli/



good old~ (なつかしの~)
● How about good old John and Mary?
(なつかしいジョンとメアリーは、どうなのでしょうか?)



全然あるじゃんか。ただ日本的感情の機微をあらわす言葉の
代表格の一つとして「なつかしい」というものがよく挙げ
られているようで、英語にないという説もちらほら・・・


なるほど、、しかしどーでもいいような・・・


あー鼻水が出てきた


d0047026_159137.jpg

[PR]
by watarumble | 2007-03-09 15:09 | Diary

オリジナルストラップー
d0047026_6562550.jpg



BIN+ANNA TOKYO(ビントアナ トーキョー)にオーダーしていた
鈴木渉オリジナル・ストラップ(楽器を肩に掛けるためのアレ)が完成しました。




                じゃん
d0047026_703059.jpg

                明るさによって印象もかなり変わります

d0047026_647788.jpg

                
d0047026_711065.jpg

                詳細はライブでチェックしてみて!




通称ビンちゃんストラップと呼ばれているこれは Soil&"Pimp"Sessionsの元晴も、
d0047026_765573.jpg


JAMNUTSなど、よく一緒につるんでいるギターの渥美も愛用する、ビンちゃんの手作り。
d0047026_795969.jpg



これらは先日の記事にも書いた、オーダーメイドのストラップなわけですが
まず僕なりに選りすぐったベース用ストラップを持っていき、それに
縫い付けたりなどの直接加工をしてもらいました。他にも希望に合わせて
臨機応変な形で対応してくれるようです。今回デザインに関しては
具体的なアイデアがないまま発注したので、仕上がりの
独創性とセンスにはマジびっくりしました!



ビンちゃんありがとーーー!!







気になる人はコンタクトしてみてください。
BIN+ANNA TOKYO
[PR]
by watarumble | 2007-03-06 06:47 | Diary


ベーシスト、鈴木渉の過去ブログ。(2005.5-2008.7)
カテゴリ
Biography
Discography
Live Schedule
Diary
Column
Instruments
このblogについて
watarumble link
以前の記事
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧