<   2008年 05月 ( 8 )   > この月の画像一覧

セレブな保育園
d0047026_11451955.jpg

開園パーティーに呼ばれTOKUさんらと演奏しにきてます

関係者向けにくばられているパンフの画像です


…??!
[PR]
by watarumble | 2008-05-24 11:45 | Diary

暇つぶしネタ


知り合いの日記からの引用ですが


-------------------------------------------------------


・鈴木渉さんの似顔絵



d0047026_3373391.jpg




・鈴木渉さんのステータス


先祖の居住地はおそらく関東地方。
名前のゴージャスさは76点。非常に豪華な名前です。スゴイ!
名前のシャープさは86点。非常に鋭い名前です。触れると怪我しそう (>_<
名前の都会っぽさは87点。非常に都会風の名前です。コンクリートジャングルが似合いそう。


-------------------------------------------------------


なんじゃこりゃー

一昔前に流行った、脳内メーカー(web)を思い出します
こういうの考える人って、どこまでがマジで、どこまでが遊び心なんだろ


お暇な方は、こちらにどうぞ ⇒ 全自動似顔絵web
[PR]
by watarumble | 2008-05-20 03:44 | Diary

A Question I Guess


d0047026_4212848.jpg


久しぶりに会った旧友に、ここのブログの記事は
渉らしくない、といわれて思わず考え込んでしまった。

そりゃ、普段は馬鹿なことばかりやってますが
ここはここで、むちゃくちゃ素のつもりなんですけどね・・・
果たしてここを見ている人は、どう思っているのだろうと気になった。


で、実際のところどうなんでしょう?


自分らしさとは、周囲との関連性の中で自ずと決まってくる、
と改めて実感した意見だった。社会では皆、多面的にそれぞれの
環境に応じて違った人々と関わる日々を送っている。そこで常に第三者に対し
一定のステレオタイプな価値観を共有させられるとは、到底思えない。
他人から見た自分らしさや個性とは、多面的で流動的なのだ。

ここではネットという公共の場としてのマナーを第一に念頭に置きつつ
正直かつ主観的な表現で日々や気持ちを綴っていますが
それを自分らしくないとすると・・・どこかに
歪みが生じているのだろうか?


これ以上掘り下げると、哲学の領域に踏み込みそうな気がする。
うーん、難しすぎて、頭がウニになりそうだ・・・



d0047026_3574711.jpg




写真は先日のレコーディング時の3本。
明けて今日は大阪心斎橋クアトロです、待ってろよー!!
[PR]
by watarumble | 2008-05-17 03:57 | Diary

理想的なパーソナリティ



d0047026_11585.jpg



この人、いったい何枚CD買ったんだ…


レコーディングの打ち合わせのあと、俺CD屋寄りますっていったら
一緒について来て、彼は彼で合計20枚は買っていた。
NY在住のギタリスト、西藤大信くんだ。
どうせ買うならアメリカに帰ってから買えばいいのに、俺が行く
コーナーについてきては、お薦めは何?と聞かれ、薦めたアルバムは
必ず買う。視聴もできるよ?と提案しても、家で聴いてみるよと取り敢えず購入。
その後、俺が行きたい服屋があると言ったら、そこにもついて来て、
これもいいね、あれもいいねと笑顔で大量購入。


あーこういう人、知っている。
同じくジャズギタリストで飄々とマイペースに
世の中を渡り、周りの人間の影響を自分の力に還元し、
子供のような笑顔を見せてくれる人。小沼ようすけさんもそうだ。

西藤くんが主催するプロジェクトで、PC2台を駆使しまくりながらハウス的なことを
生でやるクロスオーバーなバンド、APT7のレコーディングが明日ある。
彼を慕って大阪から、そっち系のトラックメーカーやディレクターが
東京に来ていて、今日はその打ち合わせだった。おもしろい
ことになりそうだ。このレコーディングが終わったら
また彼はNYに戻ると思うが、APT7として
録った音源は、盤としてリリース
されるだろう。そのぐらい人を巻き込んでプロジェクトは動きだしている。


・・・マイペースだなんて周りにいわれながらも、気づけば皆が彼の
ペースに飲まれている。カリスマというよりも彼の持つ
人間愛に引き寄せられている気がする。

そんなことを俺は考えているとき、彼は、一心不乱にCDを漁っている。
そんな、自然体で求心力にあふれる人につくづく憧れてしまう。
[PR]
by watarumble | 2008-05-13 01:01 | Diary

ペダル最終章 (加筆)
d0047026_13135518.jpg



ブログでたまに書いているマニアックな記事が
思った以上に反響が大きいことによく気付かされびっくりしています
なので今日も、機材について触れてみたいと思います。
最近よく触れていたペダルエフェクトのまとめです。



※今年に入ってから導入した足元に並べるための機材リスト


・プリアンプ /Crews maniac sound DPA-2B
・フィルター×2 /Electro harmonix micro Q-tron / MXR Bass auto-Q
・コーラス×2 / Electro harmonix nano-clone /WEED mod. E-H smart-clone
・フェイザー /D.N.A.analogic purple phase
・ファズ /WEED mod.E-H Big Muff ”Blender”
・ディストーション /Ibanez PD-7
・チューナー/STEINBERGER zen-on
・パワーサプライ /Providence PAE-101P POWER STABILIZER
・ボリュームペダル /Shin's Music PERFECT VOLUME HYBRID
・ループセレクター×2 / Providence P-3LD/Analog man.Custom loop



計13種類、つくづく何かにはまりだすと節操のない俺の
実益を兼ねている(と、最近やっと思えてきた)道楽については
これまでブログでも今まで紹介してきたが、必要十分なシステムが揃ったことで
自分の中でようやく終着地点にたどり着いた。昨日今日と、APT7という
PC2台を駆使してライブタイムでシーケンスしまくりながら
同時にアブストラクトにジャムりまくるという
無法地帯的なプロジェクトのライブが
あり、俺も縦横無尽にペダル
エフェクトを使いまくってきた。ライブかなりヤバかったです・・・



・・・新機材を導入しては現場に持ち込み、周囲と意見を
交わすことを繰り返しながら、今回強く思ったことがある。
それは、実際の機材と、それについての世論や売り文句との間に
隔たりがあること。ちゃんと、経験と感触で確かめないと損するな・・・と。


持っているだけでステータスだと思い上がっているような
タイプの機材オタクの人達が世論をおかしく
している気がする。楽器についても・・・
本来、使ってなんぼなのに、理屈から入る。

日本にはそういうユーザーが割とどのシーンにも多くて
観念的にカテゴライズしたがる傾向がマスも含めて昔から強い。
世界で最も英語教育に時間と税金を使っているのに、英語力はアジア圏で
ワースト2位の日本。インプットの質・量に対して、アウトプットが
全く見合わないという痛々しいデータも象徴的

想像力と創造力をプライオリティに。そして何より
当たり前のように語られている情報に、惑わされてはいけないです
メディアの情報の信頼性は、自分達で掴み取って質を上げていく時代だと思うので
これからも、僕の目から見た真実をkeep it realで伝えていきたいと思います。
[PR]
by watarumble | 2008-05-11 13:13 | Instruments

夢を叶えること



d0047026_6151072.jpg





憧れの友人であったあるプロミュージシャンを見返してやろうと、就活を途中でやめて
音楽業界を志し、一年後そいつを仕事に誘い、ようやくフェアな関係を築いた。
日本でベースやるからには、ベースマガジンぐらい載っておきたいと
いう当初の欲求も、urbのデビュー後は今に至るまで何度も
記事を担当させて頂いていることで叶えられた。


明日、ミュージシャンの道を志した学生の頃に最も愛聴し何度も
救われた憧れのアーティストに誘われ、待ちに待った初リハーサルである。


・・・これらの事実は、サクセスストーリーではない。


ある時定めた、目標に到達する、ひいては夢を叶える、といった行為は
簡単に言いかえれば、過去との決別を強いる転機だ。
その後も人生は続いていくだけだから。
目標を超え、夢を自分の力で打ち砕いていくたびに
変な充足感と虚無感にさいなまれ、またひとつ現実主義的になる。
そんな自分がたまに嫌になる。利害を感じてしまって。本来もっと無心でいたいのに。


とりあえず、精一杯やるだけやって、未来の自分のためにも
これを良いターニングポイントにするしかねーし。
がんばれ、俺。そして、楽しめ、俺。


・・・・むちゃくちゃ甘っちょろいコトを書いた。備忘録ですんまへん!!
[PR]
by watarumble | 2008-05-08 06:12 | Diary

恐るべき手・・・



d0047026_271810.jpg



このやたらと綺麗な手の持ち主に呼ばれ、2曲レコーディングしてきた。
録音はいい仕上がりだった。リズムの尖ったアンビエント系。新鮮な刺激ももらえた。


しかし・・・


俺は、この写真の手が原因で、いい感じでさくっとレコーディングが
終えられたにも関わらず、若干落ち込んで帰ってきた
正確には、この手の裏側が鬼門だった


今まで当たる当たるといわれてきた、趣味の延長で始めた手相判断が
この手には全く通用しなかった。そんな経験上当たらないはずないんですけど!!
なんて思って、よく見れば見るほどに迷宮入り。・・・そして最終的に敗北。
当てにならないとまで言われ超くやしかったが、受け入れるしかない。


いやー趣味とはいえど、オゴリがあった・・・
こんな見事にはずしたのは、ここ数年間ではじめてだ
『ピンポン』でいうと、最初にアクマに負けた時のペコの状況に近い感じ
常勝の憂いに酔っていたのかもしれない。また自身の能力を精査し、見つめ直そう。


負けねー!!!!
[PR]
by watarumble | 2008-05-06 01:54 | Diary

撮影撮影パシャパシャパシャ



いらっしゃいませ。・・・お客様は2名様で。



d0047026_24716.jpg



・・・って


どこぞのボーイだよ!!




世の中がゴールデンウィークで賑わうさなか、関東では生憎の
雨模様が続いた昨日、今日と撮影続きのスケジュールでした。



昨日は、某アーティストのPV(プロモーション・ビデオ)の撮影。

撮影前に、コンタクトをとって、整体の先生に体を矯正してもらいつつ。
会うたびに大概ちょこっとの時間で、体調を良くしてくれる天使のような人で、
撮影スケジュール用にフェイシャル(小顔効果+血色良くなる的な)などの施術が完了!

PVでは「東京キネマ倶楽部」という、昭和情緒あふれる会場で
タキシード姿でアコースティックベースをブリブリ弾いてきました。たくさんの
ダンサーやエキストラなどが参加していて、仕上がりが面白そうな撮影現場でした。


d0047026_2514854.jpg



今日は、以前にもお伝えした「鈴木渉オフィシャル・サイト」用の撮影。

おしゃれなカフェの一角を借りて1日掛かりの撮影でした。今回のウェブを製作してくれる
方と、その友人たちに手伝ってもらいました。また今回の撮影に際しては、いつも
お世話になっているオーダーメイド・アクセサリーのBIN+ANNA TOKYO
にスタイリングをお願いしたところ、そのファミリーが協力してくれて
めっちゃかっこいいスタイリングが前夜に6パターンも完成!!
着せ替え人形状態です。ここまでやってもらったのは
生まれて初めて、新たな自分の一面をたくさん
発見できたし、鋭い感性にたくさん
触れることができました。


いちベーシストのウェブサイトとしては、未だ俺も
聞いたことがないほど、各界の逸材達が協力してくれています。
完成まで、経過はお知らせしていけたらなんて思ってるので、お楽しみに!!


つーわけで、せっかくなんで・・・


撮影前夜のフィッテイング風景を



ドーン




d0047026_1501384.jpg




やっぱこれでしょ
[PR]
by watarumble | 2008-05-04 02:06 | Diary


ベーシスト、鈴木渉の過去ブログ。(2005.5-2008.7)
カテゴリ
Biography
Discography
Live Schedule
Diary
Column
Instruments
このblogについて
watarumble link
以前の記事
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧